不眠症の治し方

不眠症の治し方

不眠症には様々な原因があります。

 

この不眠症の治し方としては、まずその原因を調べることが大切です。

 

ストレスにより不眠になっているのならそのストレスとなっていることを解決したり、
ストレス解消のために趣味を楽しんだり、
休日に旅行に行くなどしてストレス解消することでこの不眠を解消することができます。

 

また、原因を調べていても特別な原因が見つからないという方は生活習慣に原因がある場合もあります。

 

喫煙や飲み物、生活のリズムによってこの不眠を引き起こしている場合もあります。

 

喫煙は脳を刺激し不眠の原因にもなりますし、
コーヒーやお茶に含まれるカフェインも不眠の原因になります。

 

また、人は日光に浴びることでメラトニンというホルモン分泌が促進されます。

 

このホルモンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、睡眠にはとても重要なホルモンです。

 

このように普段の生活から原因を探し、その原因を解消することで不眠症を改善させることができます。

 

不眠症改善プログラムはこちらから↓↓↓↓↓

睡眠でお困りなら!「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

 


 

不眠症とうつって関係あるの?

 

不眠症(眠れないだけではなく、何度も目が覚めてしまったり、熟睡できないといった症状も含まれます)とうつには密接に関わっています。

 

何故なら、うつになると同時に自律神経失調症(薬物療法や行動療法、カウンセリングや鍼灸などが有効だといわれています)を引き起こす場合が多く、不眠症(症状が軽いうちに、何らかの対策をとり、早めに改善すべきでしょう)がその自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)の症状として出やすいからです。

 

うつや自律神経失調症(薬物療法や行動療法、カウンセリングや鍼灸などが有効だといわれています)になってしまった場合には副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)の機能が低下し、落ち着いて眠ることがむずかしい状況に陥ります。

 

また、うつの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)に「昼夜逆転」と言うものがあり、これは夜に眠れなくなって昼に起きられなくなる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)です。

 

それに、ひとまずただの不眠症(長く続くと様々な不調が現れますから、なるべく早く病院を受診してください)だったとしても、「何故眠れないんだろう」とかんがえて気にするあまりしまうと、うつになってしまうことがあるものです。

 

以上のように、どちらが先に起こるかには個人差があるんですが、不眠とうつは切っても切れない間柄だと言わざるをえません。

 

不眠症(入眠障害をイメージする方が多いかもしれません)もうつも自律神経失調症(人によっては、過呼吸や人間不信、生理不順といった症状が起こることもあるようです)も、かかりつけの病院で診てもらうことができますし、そこから心療内科(心身症の診察と治療を行っています)を紹介してもらって診断を受けることも出来ます。

 

症状がひどくなるまで1人で抱え込まず、とりあえずは医師に相談してみてください

 

不眠症の時にお酒を飲むのはよくない?

 

基本としてはお酒を飲むと体温(平均体温が1℃上昇すると、免疫力が約60%も活性化するといわれており、風邪などで発熱するのも体の防衛反応の一環だと考えられているのです)が上がる為、飲んでしばらくして体温が下がるとともに眠くなってくるのが人間の生理現象として正常な反応です。

 

また、お酒には脳内のGABA(ギャバ)と言った神経抑制物質を増やしてくれる働きがありますから、リラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)有効だと思います。

 

けれど、「お酒を飲んで寝ると睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)の質が下がる」っていう話を聞く事はないでしょうか?

 

お酒に入眠効果を持つのはあくまで少量の場合であって、あまり大量に飲んでしまっては逆に睡眠障害(夜尿症や睡眠時無呼吸症候群なども含まれます)の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)になってしまうのです。

 

なぜなら、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)は約3時間後にアセトアルデヒドと言った毒素に分解されますが、その際に交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)を刺激してしまう為です。

 

そのために、かず多くお酒を飲んでから寝ると、数時間後に目が覚める「中途覚醒」に陥りやすくなるのです。

 

それに、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)は脳内の睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)中枢を麻痺させてしまうから、深い眠りが取れなくなるのです。

 

トイレ(近年では、ウォシュレットや擬音装置がついた公衆トイレも多いですね)に行ってたくて起きてしまう事もありますので、不眠症の時にお酒を飲むなら一杯くらいの少量に抑えておくことが大切になるのです

 

不眠症改善プログラムはこちらから↓↓↓↓↓

睡眠でお困りなら!「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!